Rabbit's Trail Diaries

- 子育て家族の こだわり生活日記 -

パーラービーズを楽しむ! お手本を参考にアレンジ!

 

いよいよ11月になりました。あっという間に今年も残すところ2か月。なんだかそれを考えるだけで気持ちがそわそわしてしまいますが・・・とても過ごしやすい季節なのでずっとこれぐらいの気候が続くといいなぁなんて思ってしまいますね。11月はいろんなイベントが多い季節でもありますよね。マラソンや駅伝といったスポーツ系から、フリーマーケットやマルシェ、いろんなところの小さなお祭りなども多いです。

 

自宅の近所にある障害者の就労支援の小さな作業所があります。そこではメインでパンを作っています。そして、移動販売車で周辺の会社等は回って販売されています。そのパンは、完全無添加のパンで、おいしいと評判です。 今日は、その作業所のお祭りがあるということで、近所でもあるので家族で出かけました。パンはもちろんのことながら、焼きそばやから揚げなどもありお客さんも多かったです。おいしいパンはいつもより50円ほど安く販売されておりついついたくさん買っちゃいました。そして、そんな中に、そこに通う利用者の方が作ったパーラービーズの作品も販売されており、そいったものが大好きな長女は、買うことにしたようです。

 

パーラービーズというのは、ストローを小さく切ったような細かい穴の開いたビーズを突起が規則的に並んだ型に並べていき、形ができたら、最後にアイロンで熱を加えて固めるというものですね。長女はもともとパーラービーズに興味があり、作成キット一式は以前購入していまいした。

 

f:id:MarkyYellowRabbit:20181103222913j:plain

 

このように、一つ一つ丁寧にビーズを並べていきます。集中力が必要ですね。完成図を創造しながら色を選んで並べていくのはなかなか想像力が必要な気がします。今日は購入したパーラービーズの作品を参考にして新しく作ることにしたようです。私は安易な考えで、買ったものをみて作るので、同じものが出来上がるのだと思ってました。しかし、出来上がってみてびっくりしました。ベースは同じながら、長女なりのアレンジを加えたオリジナル作品になっていました。 

 

 

f:id:MarkyYellowRabbit:20181103224040j:plain

 

左のミニオンが買ってきた作品です。右側が長女の作品です。

大好きでいつも見ている『スポンジ ボブ』になってました!わが子ながら創造力の豊かさに驚いてしまいました。確かに、色合いや顔・体の作りは似ていますが、手にフライ返しを持っていたりと、かなりオリジナルにカスタムされているんです。しかも、作っている最中は、このお手本のミニオン以外は見ずに黙々と作っていましたし。

 

私も、いい歳になりましたが、子どものような柔軟な発想と想像力は無くさずにいつまでも持っておきたいと思った1日でした。