Rabbit's Trail Diaries

- 子育て家族の こだわり生活日記 -

おしゃれな『ストームグラス』  天気で表情が変わる不思議な道具

みなさんは『ストームグラス』は知ってますか?

 

19世紀ごろにヨーロッパで実際に使っていたと言われる、少し先の天気を予想することのできるとされる道具です。現在は、テレビやラジオ、インターネットでとても正確な天気予報をすぐに知ることができますよね。特に最近は、何時ごろにどこでどれぐらいの雨が降るかなど、大変細かい予報までできるようになって来ていて、本当に頼りになりますし、ありがたいことです。しかし、そんな技術のない時代に人々はどのようにして天気を予測したのでしょうか。考えると不思議ですが、人間の頭脳と知識と経験というのはすごいなと改めて実感しますね。

 

私の勝手なイメージですが、村の長老みたいな人が『嵐が来る・・』というと本当に嵐がやってくる。みたいな予想の仕方だったのかなと。笑

ワンピースのように、大航海時代なんかは、それこそストームグラスのような道具を使ったり、雲の動きや風などを実際自分で感じ、経験をもとに天気の変化を予測していたんだと思います。しかし、現在では正確な天気予報があるため、ストームグラスは本来の天気を知るという使い方ではなく、おしゃれで不思議なインテリアとして、楽しんでいる人が多いようですね。私たち家族も例外ではなく・・・

 

 

f:id:MarkyYellowRabbit:20181004224802j:plain

 

 先日ついに購入してしまいました。

形はいろいろなものが販売されているのですが、妻の希望でこのタイプにしました。まず見た目がすごくかっこいいというかおしゃれなので、使い方が分からなくても全然問題なくインテリアとして成立します。このガラス管の中に、入っているのは、エタノールの液体に溶かした樟脳、硝酸カリウム、塩化アンモニウムらしいです。形は違っても中身は同じで、結晶のでき方も同じようです。

 

では、どうやって天気そ知ることができるのでしょうか?  簡単に言うと、、

 

晴れ - 結晶が下に沈んで、透明な液体になる。

雨  - 小さな結晶がいくつも浮いている。

嵐  - 結晶が大きくシダ状になる。 

 

という具合です。他にも、気温が高いと透明になり、気温が低いと結晶が広がり全体が濁るようです。今ちょうど、台風が近づいています。なので、写真のように大き目の結晶が広がっているように見えますよね。嵐が近いのかもですね。

 

実際に天気を予測する道具としては使いこなせる自身はありませんが、確かに日々、結晶の状態は変わります。置いておくだけでも楽しめます。しかし、どうしてそのような変化が起こるのか確かなことは未だに解明されていないそうです。そんな神秘的なところもインテリアとしてもなんだか魅力的ですよね。デジタルな世の中だけに、生活の中にある“アナログ”なものには、デジタルにはない良さというか味わいがあります。

 

同じようなストームグラスがネットでも買えますよ。

茶谷産業 Fun Science ストームグラス 333-271

新品価格
¥4,768から
(2018/10/4 23:12時点)

 

私が購入したのは、この茶谷産業のストームグラスです。大きさもちょうどよくて木枠やグラスの英語表記もカッコよくて気に入っています。

 

知り合いの家にあるのを見て、こっちもいいなと思ったんですが、こちらも定番の形の一つのようです。『テンポドロップ』っていうそうです。

Perrocaliente 正規品 Tempo drop テンポドロップ ストームグラス 樟脳 の 結晶 が おしゃれ な しずく型 の インテリア 天候予測器 TD-01 マイクロファイバークロスセット

新品価格
¥5,940から
(2018/10/4 23:19時点)

 

この形も雰囲気が違っていいんですよね。私的には、どちらもよかったんですが、木枠で囲まれている安心感というか、安定感がよくて今のやつにしたのもありますね。笑 他にもいろんな形や温度計と一緒になっているものなどヴァリエーションがいろいろありますので、調べてみてください。

 

最後に一つ注意点です! ストームグラスはガラス製です。落として割らないように気を付けましょう。中に入っている液体には人体に有害なものが含まれていますので、子どもが触ってしまったりしないように気を付ける必要があります。

 

置く場所はよく考えて、自宅で不思議なストームグラスの魅力を味わいましょう!