Rabbit's Trail Diaries

- 子育て家族の こだわり生活日記 -

手作り小物 学校用の袋

保育園や小学校では、いろんなものを入れて行くためのいわゆる“袋”が結構たくさん必要になりますよね。しかもいろんなサイズの。私の子どもたちも、絵本袋や上靴を入れる袋、またコップ・歯ブラシを入れる袋など、代表的なものでそんな袋がありますね。学校からある程度のサイズの指定がありますが、デザインなどは各家庭に任せられています。もちろん現在では、既製品でそれらしいものを買って揃えることもできますし、実際そうしている家庭もあるでしょう。すべてを手作りするとなると時間も手間もかかります。裁縫が得意な人はまだいいと思いますが。。。

 

 

私の妻はそういった裁縫も好きなので、ほとんどのものを手作りしています。子どもと一緒に作ったりもしていますが、こだわりを持って作っていると時間と労力がかかります。さらにほとんどのものが、1度作って永久に使えるものでもないので、再度作り直すことが必要なこともあります。ただ逆の見方をすると、そういった親が手作りした小物を持って学校に行くのも小学校までぐらいの短い期間なので、せっかくなら他の子に負けないぐらいのかわいいものを持って行って欲しいです。 まあ自己満足ですけどね。。。

 

 

今回は、歯ブラシとコップを入れる袋を作り直しました。

 

f:id:MarkyYellowRabbit:20180927233539j:plain

 

 

茶色の水玉がかわいいです。 パンダの布は以前、スタイを作った際の残りです。ベースの生地は娘が自分で選び、切り取った布の貼り付けは自分自身で頑張ってましたよ。なかなかいい感じの仕上がりではないかと思っています。学校だけでなく、普段使いもできそうです。

 

 

歯ブラシ・コップは月曜日に持って登校し、金曜日に持ち帰ってくるので、この袋を目にすることはあまりないのですが、今のところ自分で作ったということもあり、大事に使っているようです。たかが袋ひとつ作るにしても、自分でやると結構大変なんだということを気づくことによって、子どもたちも大事に使おうという気持ちが芽生えるのかもしれませんね。そして、自分の手で作るということ自体に興味を持ち、進んでいろんなことに取り組んでいってくれるようになると嬉しいですね。