Rabbit's Trail Diaries

- 子育て家族の こだわり生活日記 -

夏休み最後の映画『僕のヒーローアカデミア』!

最近、家族みんなでハマっているのが、『僕のヒーローアカデミア』 です。

 

週間少年ジャンプに連載中の漫画で、テレビアニメも放送しているので、子ども達も一緒に毎週応援しています!ご存知の方も多いんじゃないでしょうか?

 

 

f:id:MarkyYellowRabbit:20180902170619j:plain

 

『個性』といわれる特殊な能力を持った、ヒーローの卵たちが、プロヒーローを目指して仲間たちとともに成長していく姿を描いた漫画です。

 

NO.1ヒーローである “オールマイト” に憧れてヒーローを目指す緑谷出久(みどりやいずく)、通称デクが主人公です。それぞれいろんな『個性』を生かして戦うのですが、それぞれのキャラクターも子ども達は大好きなようです。 長女はイケメンで優秀、氷と炎を操る轟くんの大ファンのようですね。設定としては、シャーマンキングやナルト、ワンピースなどと少し似ていますかね。

 

それぞれに、能力を持った仲間たちが力を合わせて戦う。 まあ、個人的にはどの漫画も好きですし、実際読んでいくと全く違う面白さですからね。

 

 

というわけで、今回はこの映画を観にいきました。夏休み映画もたくさんありますが小さい子どもがいるとなかなか映画館には行けないものです。今回は、なんとか夏休み最後の週末に滑り込みで鑑賞することができました。

 

 

 

f:id:MarkyYellowRabbit:20180902173601j:plain

 

 『UNIONINI』 のトップスを色違いで。

2番目が最近お気に入りのリュックは 『X-LARGE』 です。

 

 

子ども達からすると、現在の “シネコン” が当たり前だと思うのですが、私が子どものころに映画を観にいっていたときには、今みたいじゃなかったです。1回の上映ごとに入れ替え制ではなく、現在のように席を指定してチケットを買うわけではなかったので、人気の映画などは通路にまで人が入り、立ち見のお客さんもたくさんいたのを覚えています。 それを考えれば、現在の“シネコン”は前日にスマホから席を予約しておき、当日は自動発券機でチケットを受け取る。

 

前日にクレジットカードで支払いも済ませておけば、当日お金を払う必要もない。なんか文明の利器ってすごいなって思いますね。当日に席を必死に取り合う必要もないので、子どもと一緒でも気楽に映画館に行けるという点では、とてもいいことですよね。

 

ただ、私が子どもの頃、父親と映画館に行った時に、お客さんが多く一番後ろの通路から、父親抱きかかえてもらいながら映画を見たのを覚えています。後になって父の偉大さにも気付きましたし、忘れられない思い出です。現在では、したくてもそういった経験が出来ないということだけが少し寂しく感じますかね。

 

 

しかし、やっぱり映画館で観る映画はいいですね。いくつになっても。